オリジナルのキャラクターを使った「オリジナルキャラティー」の生産をお受けします。

タグへの印刷は印刷後にフィルム貼りを施し、印刷インクが紅茶に溶け込むことを防止します。
光の劣化に対してはアルミ蒸着のパッケージを使い対策しています。
アルミパッケージのためせっかくのキャラクターが見えなくなってしまいますので、カップに入ったキャラクターの写真を使いどんな紅茶なのかよく分かるようにしています。

ただ、このように手がかかるティーバッグのため、現在、経済ロットは1万個くらいとなってしまいます。
現在少量でコストのかからない生産方法を開発中ですが、まだ目途が立っておりません。
生産数量、パッケージングの方法などによって生産コストが生産コストが大きく変わるため、ご興味のある方はお問合せフォームからお問い合わせをお願いいたします。